そのクレンジング方法で大丈夫?キレイへの近道~すっぴん美人のススメ2

キレイへの近道とは?

それは、正しい知識を得て、それを実践すること。結果的に、急がば回れ、になるかもしれませんが、身体やお肌の変化やゆっくりです。つけてすぐ、やってすぐ、という発想の方が、人間の皮膚生理学の観点から考えても、無理があるような気がします。

こちらでは、正しい知識を知って頂き、お手入れを楽しんで、世界でたった一つのあなたのお肌をキレイにしていけるように、気持ちから変えて欲しい、そう思って書いています。誰よりもまず自分が自分の事、身体、お肌を大事にしてあげること、それが一番のキレイへの近道だと、私は信じています。

マッサージやクレンジング、毎日の事だからこそ、気を付けて欲しい

毎晩、仕事が終わって帰宅して、クレンジングすると、鎧を脱ぎ捨てたようにほっとしませんか?私は、お化粧を落とすと、自分のその日のONな状態が終わった気がして、ほっとします。皆さんはいかがでしょうか?

面倒で嫌いって方も多いとは思いますが、避けては通れない毎晩の儀式。どんなことに気を付けたらいいんでしょうか?

クレンジングの方法、それで大丈夫?

クレンジング、どんなのお使いですか?
クリーム、乳液、ジェル、オイル、ローション、などなど、いろんなテクスチャーのものがありますね。
私は、クリームタイプやオイルタイプが好きで、ずっとそれを使っていました。

老いるクレンジングは、オイル状態のものを乾いた手で顔になじませて、その後手を濡らして、もう一度なじませて乳化させて洗い流し。
クリームタイプのクレンジングは、香りのよいふんわりしたクリームタイプで、お顔をマッサージしながら汚れをなじませて、コットンでふき取ってから洗い流す。

心から癒されながらお顔を優しくマッサージ。お手入れ好きなので、至福の時でした。

でも、これって実は、NGだったんです!!!

マッサージは、大丈夫?

私、マッサージも大好きでした。お手入れ好きな方、美意識の高い方ほど、しっかりお手入れされてますから、毎晩のマッサージなしでは、なんだか気持ち悪くて、っていう方もいらっしゃると思います。

お顔の筋肉の流れに沿って、マッサージクリームで指の滑りを良くしてマッサージ。
その後に、コットンでふき取り洗顔。

オーソドックスな方法ですから、コールドクリームという名前の商品の時代から、やっていらっしゃる方も多いと思います。

これも、実は、諸刃の剣。あなたのやり方は大丈夫ですか?

何がいけないの?普通でしょ?

そう思うあなた、はい、そうです。世間一般的に言われていることです。大多数を普通とするのなら、普通の事です。やり方?使っているお化粧品?どこがいけないんでしょうか?

そんなところじゃなくて、もっともっと根本的なところです。私もそれを知ったとき、ええっ!とびっくりしました。そんなこと、考えたこともなかったですし、それがそんなにいけないことだとも知りませんでした。

でも、真実ってそうなんですよ。

答えは、指の指紋です。
拡大してみると、指の指紋と肌のきめは、こんなに粗さが違うんです。

つまり、毎日のクレンジングやマッサージ、果てはメイクの時、知らず知らずのうちに表面を削っていることをしていたんですね。キメを自分で取っちゃっていた、ということです。
コットンでこするのも同様です。

ですので、今までクレンジング剤やマッサージ剤の少なかった方は、たっぷり使って、指とお肌の間のクッションを必ず作ってあげてくださいね。

角質層って、実はとっても大事

角質層って字のイメージが良くないのか、すっごい厚くて固いものがヒフ表面にあるようなイメージがありますよね?いえいえ、とんでもない!0.02mmしかないんですよ。サランラップ1枚の1/5の薄さしかないんです。

これを取ってしまうと、アレルゲンや微生物がお肌に侵入しやすくなりますし、せっかく保湿しても、水分が蒸発して行ってしまう原因になります。

つまり、お肌は指でこすってはいけない

んですよ。
私はこれを知る前は、アイシャドウを指でごしごしつけてましたし、アイメイクを取るときにも指の腹でゴシっとやってました。なるべく弱くやっていたつもりですが、それでも結構強かったんですね。

チークも指で乗せたりしてましたし、日焼け止めやクリームファンデーションも、指で伸ばしていました。

これを知って以来、お肌へののせ方、伸ばし方、ずいぶん意識するようになりました。

皆さんも、今晩からなるべく優しくお顔を触るようにしてくださいね。

擦らない方法も存在します

実は世の中には、擦らないでクレンジング出来る方法が存在します。私はこれを実践していき、赤ら顔や超乾燥肌から脱却していきました。それまでは、つねに頬は真っ赤でリンゴみたい。それをコンシーラーやカラーコントロールでごまかして隠していましたし、超乾燥肌には、クリームをいっぱいつけていました。でも、その方法では改善するべくもなく、仕方ないのかな?生まれつきかな?と諦めていました。

でも、この方法に出会い、自分のお肌が激変しました。20代前半のスキンケアをするようになってから、加速した乾燥や赤ら顔。すべて生まれつきではなく、自分のお手入れ方法、お顔の触り方に原因があったんです。それを改善した今は、こういうことに悩まされることが激減しました。今では、ノーファンデで居られるようになりましたし、お肌の調子がいいとマイナス10歳に見られるようになりました。この写真は2018年10月。ノーファンデでアイメイクと眉と口紅だけです。(2018年で47歳です)

美肌体験会では、スキンケアの疑問から、あなたのお肌にあったお手入れ方法、お肌を美しく健康にするクレンジングから洗顔の仕方を体験しながらお教えしています。一度覚えて頂いたら、一生使えるメソッドです。

すっぴんになりたい、素肌をキレイにしたい、そんなあなたにぜひ体験して頂き、素肌がキレイになる喜びや幸せを知って頂きたいな、と、20年以上お肌で悩んだ私だからこそ思っています。

 

次回は、理想的な洗顔方法についてお話しますね♡

 

2019 1月2月のキレイデザイン学アドバイザー講座、インストラクター講座@大分

色のチカラと魅力を学び、人生をもっとキレイにカラフルにしていける素敵なキレイデザイン。あなたも私たちと一緒に、たくさんの方の人生を素敵にするお手伝いをしませんか?