ニキビに悩むあなたへ キレイへの近道~すっぴん美人のススメ4 

キレイへの近道 すっぴん美人のススメ4 は、ニキビ肌向けのスキンケアについて、です。
前回の記事はこちら→理想的な洗顔方法とは?

キレイへの近道は、正しい知識を得て、それを実践すること。結果的に、急がば回れ、になるかもしれませんが、身体やお肌の変化やゆっくりです。つけてすぐ、やってすぐ、という発想の方が、人間の皮膚生理学の観点から考えても、無理があるような気がします。

こちらでは、正しい知識を知って頂き、お手入れを楽しんで、世界でたった一つのあなたのお肌をキレイにしていけるように、気持ちから変えて欲しい、そう思って書いています。誰よりもまず自分が自分の事、身体、お肌を大事にしてあげること、それが一番のキレイへの近道だと、私は信じています。

ニキビ肌の方向けスキンケアとは?

ニキビは、清潔にしましょう!
が、事実なことは事実ですが、、、、

問題は、洗いすぎになってしまっている方が多いってことです。

一日に何度も洗顔しているあなた。それは、余計に皮脂分泌を促してしまっていることに繋がりかねません。
なんで皮脂がそんなに出るんでしょう?なんで脂っぽいんでしょう?その原因をご存知ですか?

「だって、生まれつきオイリー肌だから。」

そう思っていらっしゃるかもしれませんが、ご自分のお手入れの方法で、それを加速させちゃっている、そんなことも結構多いんです。

じゃあ、どうして洗顔を頻繁にすると、皮脂がどんどん出るのでしょうか?

お肌のバランスを整えるのが一番

お肌は、水分と油分のバランスがとれていることが、一番良い状態です。でも、悲しいかな、水分を作り出すヒアルロン酸が体内で機能するのは、小学生の小中学年まで。その後は、下降線をたどります。小さい子がぽっちゃりしたお顔をしているのは、そのためです。年齢が上がるにつれ、お顔のラインがシャープになりますよね。これは、こういうわけなんです。

つまり、基本的に水分量が少ない状態なのが、大人の肌。その水分不足を補うために、お肌が分泌出来るものが、皮脂なんです。水分が50、油分が50で、計100あるのが理想とします。水分が20となってしまうと、それを補うために油分は80に出そうとします。なので、どんどん皮脂が出ることになります。

大人だから水分が少ないから仕方ない?

いいえ、一概にこれだけじゃないんですよ。ここで出てくるのが洗いすぎなんです。

前回の洗顔のお話でもしましたが、洗顔のし過ぎや、誤った洗顔の仕方をしていると、表皮の表面にある角質層がどんどん削れて行きます。

基本的に、この角質層が潤っていると、表面のお肌が潤っているように見えます。と同時に、中から水分が逃げるていくことから守ってくれますし、アレルゲンなどの刺激が入り込むのも防いでくれます。

洗いすぎで角質層が削れてしまい、はがれたうろこのようになっていると、水分を保持することが出来ず、お肌から刺激(アレルゲンなど)が入り込む状況になります。それを避けるための防衛反応として、皮脂が分泌されるんです。

つまり、その皮脂は、お肌を守ろうとして、身体が分泌させているものなんですよ。

皮脂を取りすぎると、SOS反応が脳へ届きます。そして、また分泌されます。エンドレスですね。取るために洗顔しすぎていたり、スクラブやらパックやらで、角質を取り、を続けていくと、さらに状況は悪化していきます。

洗顔だけでなく、触ることもニキビ、吹き出物には刺激になります。余計にひどくなってしまうことに繋がっていく・・・負の連鎖です。ですので、洗顔ブラシやスポンジなどでごしごししていたら・・・もう言わなくても分かりますよね?

つぶしたりなんかしたら、お肌の奥が傷つきますので、痕として残ります。決してつぶしてはいけません。自然にはじけて油分が出ていくようにするのがいいんです。

ニキビの種類によって、ケアの仕方は変わりますので、細かい点は実際に拝見させて頂いてからじゃないと、お話出来ませんが、一般的な部分ではこんなところです。

じゃあ、どうケアすればいいの?

1、まず水分を補う=ちゃんと保湿する 
油分と水分のバランスを整えてあげる

2、水分が逃げないように、ちゃんと乳液を塗る
水分を足して、「放っておけば脂が出てくるからいいや。」って放っておくと、過剰に分泌されてしまいます。何故かというと、皮脂が分泌されるまで、タイムラグがあるからです。その間に、水分は蒸発してしまい、足りない状況になってしまい、肌からSOS信号が出てしまいます。そうならないために、保湿出来た状態で、蒸発出来ないように乳液で蓋をしてあげる必要があるんですね。

3、鏡を見すぎない
気になって鏡ばかり見るのはよくありません。なぜなら、見る度に「あーあ。」とがっかりしませんか?それでストレスが溜まっていきます。ストレスは角質を膨張させます=毛穴が閉まってしまいます。

4、清潔を心がける
枕カバーを定期的に交換するようにして、お顔に当たるものを清潔に保つようにしましょう。雑菌が入ってしまうと、ニキビが悪化してしまいます。

5、油っぽいものの摂取は控えめに
ポテトチップスや唐揚げなどなどの揚げ物や、クリーム類(植物性油脂からのものが多いです)、コンビニなどのおにぎりなど、油は知らないうちに摂取過剰になっています。良質な油だったらいいのですが、そうでないのは、お肌にも身体にもあまりよろしくありません。食品表示を見て、購入するようにするとよいですよ。

ニキビは、正しいケアで必ず良くなります

美肌体験で来てくださった方で、ニキビでお悩みの方は、いらっしゃる度に、ニキビの発生量が減っていきます。そして、キレイな肌へ戻っていきます。正しいケアやお手入れをすれば、確実にキレイになるものなんです。

いらっしゃった学生さん。今まではそのニキビいっぱいのお肌が悩みの種でいらっしゃったのですが、どんどん改善していくのをみて、今では鏡を見るのが楽しくなったそうです。苦手な早起きも、お手入れの為に喜んで起きられるようになったとか。お母さんが話して下さいました。

この美容法を知るまでは、私もオイリー肌の方のケアについて、あまり知識がありませんでした。オイリー肌用の化粧品(大体がアルコールが多めのもの)をオススメするしかないのかな?くらいでした。

でも、オイリー肌用の化粧品は、大体、皮脂を吸収する成分が入っていたり、アルコールが多めだったり、根本的な解決につながるものはなかなかないんじゃないかな?と思います。そのうえ、正しい情報も少ないですから、「兎に角洗いましょう」になっちゃっているのが、現状じゃないでしょうか?

お肌トラブルとなって病院へ行っても、治療となると、それをすぐ治すための薬が処方されます。見た目はすぐ治るかもしれませんが、これも根本的解決になっていません。

根本的解決をするためには、自分でするしかありません。つまり、日々のお手入れ法を変えていくこと。理想的なお手入れ法を知り、お肌の知識を知り、自分でどうしたらいいのかを踏まえたうえで、日々実践すること。

そのために、その方にとって、どんな方法が最適なのか、どうしていくのがいいのか、を指導してくれるような場所や環境、機会が必要だと思います。私は、そういう場所や機会の一つになれたらいいな、と思っています。

美肌に繋がる体験会を開催しています

ニキビいっぱいのお顔の方を見る度に、何とかしてあげたい!って思います。ここで私が「私は、そのあなたのニキビを治して、キレイにしてあげられるよ!」なんていきなり言ったら、本当にヘンな人なので、基本的には言いませんけど(苦笑)いつも、教えてあげられたらいいのに、って思います。

だって、良くなった方がいっぱい見てきてますから。
間違った情報に惑わされて、ご自分のお肌を痛め続けて欲しくない。本当のお肌はキレイなんだから、鏡を見る度に溜息出ちゃうその悲しい気持ちを、明るい気持ちに変えてあげたい。

特に10代は、やらないといけない事、楽しい事、いっぱいあります。お肌のトラブルで、やる気が出なかったり、自信が出なかったりして、そのチャンスを逃してしまうのは、本当にもったいない、そう思います。

というわけで、そんな思いで、書いてみた、ニキビ肌の方のお手入れ法でした。
次回は、オイルでケアをするのはいいのか悪いのか?を書いてみようと思います。ちょっと前から人気ですよね?店頭で見かけることが増えました。新しもの好きな私は、飛びついた〇〇オイルを使ったお化粧品ですが・・・

そこでの経験と、学んで分かったことから、それがどうなのか、について書いていきたいと思います。

2019 3、4月のキレイデザイン学アドバイザー講座、インストラクター講座@大分

色のチカラと魅力を学び、人生をもっとキレイにカラフルにしていける素敵なキレイデザイン。あなたも私たちと一緒に、たくさんの方の人生を素敵にするお手伝いをしませんか?