歩き方を変えることは、生き方を変えること

歩き方は生き方だ~ウォーキングを変えて気が付いた

学生時代から背が高くそれがコンプレックスだったので、いつも小さく見えるように、他の人から目立たないように、と猫背になっていました。そして、オドオドとし自分に自信を持てずに生きてきました。

そんな私が、歩き方を変えて、人生が変わり、人間が変わりました。歩き方を変えること=生き方を変えること、歩き方を変えて気が付きました。

歩くことは、この世に生を受け二本足で立てるようになってから、死ぬまでずっと行う動作です。そして、その歩き方は、その人の生きざまが如実に現れている、そう感じます。ということは、歩き方を変えることは、人そのものを変えることではないか?そう思うようになりました。

私がウォーキングのインストラクターになったわけ

こちらは1年前に書いた記事です。このおばあちゃんも昨年の2019年12月に天に帰っていきました。

私には101歳になる祖母がいます。大好きなおばあちゃんです。初孫だった私を、とてもかわいがってくれました。100歳を目前にしたころから、足腰が少し不自由になってきて、施設に入ることになり、車いすでの生活を強いられるようになりました。

その後アルツハイマーが一気に進み、今では私はおろか、息子である父の事を分からなくなってしまいました。訪ねて行っても一日ベッドで寝ているだけ。

人間は歩かなくなると、人間としての尊厳をも失ってしまう。そういう事実を目の当たりにし、衝撃を受けました。

誰もが自分の愛する家族に、いつまでも健康でいて欲しい

そう思うと思うんです。ウォーキングをお教えする、理想的な身体の使い方をお教えする、それは、すべての方の健康と幸せへのお手伝いにつながる、と。自分だって、年をとっても健康でいたい。自分の脚でなるべく長く歩いていたい、そう思いませんか?

毎日の動作の「立つ」「座る」「歩く」は、人間が生活するうえでの基本です。これなくして生きていけません。
この動作の質を向上していけば、特に何もしなくても、普通に生活していく分には、最低限の運動となり、未来の身体への備えとなる。

40歳を過ぎ、人生の半分は終わりました。残りの人生半分は、何か人の喜んでもらえることを仕事にしていきたい。その中で、おばあちゃんが私に教えてくれたこのことこそが、私がやりたいことであり、私の使命じゃないか、って思ったんです。これが、私のウォーキングや歩き方の指導をしていく講師になろうと思ったきっかけです。

2019年3月30日からウォーキングレッスンを開始します

大分に2018年4月に引っ越してきて、やっと慣れてきました。そして、今年の春から再開しよう、と決めました。

こちらの左側の写真、歩き方を変える前の私です。
お尻もバスト位置も下がってますし、お腹も出てました。首も前に出ていて3重アゴ。このころで44歳でした。

右側のピンクのTシャツの写真。1年後の2017年の写真です。歩き方を変えてプロポーションが変わり、自分自身にも自信が付きました。

歩き方や身体の使い方を変えただけ!他には特に運動してません、私。食事制限やダイエットもしていません。それだけ効果的かつ簡単なんです。こんな方法をお教えしていきたいと思います。

まずは女性の方むけの体験レッスンから開始します。レッスン詳細はこちらです。
美脚に導くウォーキング 体験レッスン

いろいろ面白い企画、楽しい企画を考えています。私と一緒に、楽しく「健康」で「美しく」なっていきませんか?ご一緒出来ることを楽しみにしています。

 

 

Please Share
Share

2019 4,5,6,7月のキレイデザイン学アドバイザー講座、インストラクター講座@大分

色のチカラと魅力を学び、人生をもっとキレイにカラフルにしていける素敵なキレイデザイン。あなたも私たちと一緒に、たくさんの方の人生を素敵にするお手伝いをしませんか?