肌断食って本当にいいの 2 ?キレイへの近道~すっぴん美人のススメ6-2

肌断食って本当にいいの?の続きです。前回の記事「肌断食って本当にいいの?1」はこちらです。

実際に2年やってみて、その結果と現実に驚いた私です。それから、すぐに以前のスキンケアに戻りました。以前のスキンケアは、クレンジング、洗顔、化粧水、美容液、クリームです。

パックをしたり、エステに行ったりしましたが、一度たるんでしまったお肌は、そう簡単には戻るものじゃありません。。。。

お肌を甘やかすという考え方ってどうだろう?

これって、根強いですがよね。私も、これにはちょっと揺れたりしたので、何もつけない方がかえってお肌にいいんじゃないか?って思う方のお気持ちすごく分かります。確かに、つけていることで分泌が妨げられる場合もありますが、往々にしてそれは一部分のみ。お子さんや学生さんくらいのお若い方でしたら、何もつけなくても大丈夫。むしろ、ヘタにつけない方がいいとも言われています。お肌の曲がり角が気になりがちのアラサー以上の女性に関しては、補給の方が絶対的に必要です。

日本人って精神論が好きな民族だなあ、って思うんですよ。気合と気持ちで乗り切れる、頑張ればなんとかなる。お肌にも「頑張れ!」「保湿物質出ろー!」と言えば、あたかも出してくれるんじゃないか?なんて思っちゃう勘違い精神論。
大きな間違いです。時代錯誤というか、ナンセンス 以外の何物でもありません。
と、今は思います。

事実を知れば、惑わされることがなくなる

洗いすぎは厳禁

日本は水が豊かな国です(今のところ)水道事業が民営化されてしまえば、どうなるか分かりませんが、今は普通に洗顔もお風呂もシャワーも、そこまで水道代を気にせず出来ますし、軟水です。

そして、高温多湿の風土なので、べたつきやすい。それもあって、洗顔至上主義になっている気がします。洗えばいいっていうものではありません。

特に、ニキビが良く出来るという脂性肌の方で、洗いまくっている方を良くお見かけしますが、余計に皮脂が出るため、悪循環に陥ります。一日に3回も4回も、ましてやそれ以上も洗う必要はありません。洗いましょう、というのは、その後つけるスキンケア商品を売りたいがためだけのマーケット戦略にすぎないんじゃないかしら?と、私は感じます。本当にあなたのお肌のことを考えているなんて、ほぼありえません。売上がすべてです。だって、ビジネスですから。

ニキビで悩んでいる息子さんやお嬢さんがいらっしゃったら、洗顔ブラシで洗うことと、洗い過ぎ に気を付けてあげてください。それよりも、食べるものを気を付けてあげる方が良いです。身体の中で過剰な皮脂が、肌から分泌されます。なぜなら、お肌は排出器官ですから。

ポテトチップス、唐揚げ、フライドポテト、ジャンクフード、マーガリン、アイスクリームやお菓子、菓子パンなどクリーム類(安いお菓子のクリームは植物性油脂がほとんどです)の豊富な食べ物、日常的に食べてませんか?ちなみに、コンビニのおにぎりにも油は使われています。

こすり過ぎてませんか?

また、洗えば洗うほど顔を擦ってしまうので、角質層が取れていきます。お肌の表面を覆っている表皮は、サランラップ1枚の1/5しかありません。それをさらに細分化したお肌表面の角質層は、もっと薄いということです。角質層は、水分を保持し紫外線などの刺激からお肌を守るような役割もしています。
つまり、お肌の防波堤なんですね。ここを取ってしまってはいけません。

ですから、洗顔ブラシなんてとんでもない。お肌を痛めるだけですし、パックもはっきり言って負担になります。はがすタイプなんて、真っ赤になりませんか?角質をポロポロ取ります、っていうジェルタイプのものも、防波堤を取り除いてくれるだけ。取れるとキレイになった気がするだけです。

熱いお湯で洗ってませんか?

これから涼しくなると、段々洗顔の温度が上がりがちです。お風呂のお湯と洗顔の温度は変えなければいけません。お風呂は41,2度くらいかと思いますが、洗顔に適した温度は、それよりも10度ほど下が良いとされています。32度くらいが適温だそうです。気になる方は100均で温度計を買って計ってみることをオススメします。

温度が高いと、皮脂を取り過ぎてしまい、洗顔後に突っ張る原因となります。突っ張るということは、乾燥しているということ。乾燥は小じわやタルミ、シミなどの原因に繋がります。

シャワーで洗い流してませんか?

私も何も知らない時は、「マッサージになっていいんじゃない?」と、強めのシャワーを顔に当てていました。でも、これも厳禁事項の一つです。

また別記しますが、マッサージは実はお肌にとって良くないんです。マッサージによっては、タルミを引き起こします。引き上がりません!ここも商業主義に惑わされないで欲しいところです。

ですので、実は熱いお湯での強いシャワーなんて、最悪以外のなにものでもありません。

 

男性と女性の皮脂分泌は天と地ほど違う

男性は、女性よりもずっと皮脂分泌が多いので、男性なみに女性がやってしまうことには無理があります。だって、70歳のおじいちゃんの皮脂分泌量と20歳の女の子の皮脂分泌量がほぼ同じというデータもあるくらいです。

なので、男性はスキンケアしなくても結構お肌はキレイですよね?メンズケアとか最近は人気ですけど、女性ほど手をかける必要はないんじゃないかな?と思います。といっても、乾燥が気になるという方は、スキンケアで補えばいいですし、その辺りは個人差があるので、ご自分が好きなようにされるのが良いと思います。ただ、上記理由でお肌をいじり過ぎている男性も増えているのは事実です。

取り去り、補うのではなく、守ることを重視しましょう

お肌を優しく扱うこと、保護してあげること、何よりも効果的です。なぜなら、自分の肌から出てくる皮脂膜ほど優秀な自分に合った天然のクリームはないんです。どんなに技術が進歩しても、そんな配合が出来るスキンケア製品は不可能でしょう。

取り去ること、補うこと、には消費が発生します。つまり、ビジネスになります。企業は営利団体です。あなたのお肌を本当に守れるのは、あなたしかいません。そのためには、あなた自身が、確かな知識を持つことが大切です。

 

次回は、お肌を守ることについてお話していきたいと思います。

 

 

 

Please Share
Share

大分開催!あなたの美人色が見つかる素敵お茶会

10月の大分開催決定しました。本当の自分と出会いたいあなた、気になっていたあなた、この機会にぜひ💛