薬膳教室 9月編

初秋&晩秋の薬膳

薬膳教室も、秋の内容に入ってきました。

この間まで暑かったのに、嘘みたいに涼しくなってきましたね。昼間はジリジリしてますけど、朝晩はかなり涼しくなり、空も高くなってきました。

自然の影響をとても大切にする中医学なので、食から身体を養生するという発想の薬膳も、食材や調理方法、調味料などが変化してきました。

8月編はこちら(編集中)

今回のメニュー

いつもとても盛りだくさんで、そしてとってもおいしい薬膳のメニューですが、今回も絶品でした。

  • 牛筋と白きくらげのトロトロ薬膳スープ
  • 塩鶏と山芋、レンコン、蓮のみの飲茶風蒸し物
  • イチジクとオクラの蒸し物 薬膳ゴマソース添え
  • きゅうり銀耳餡
  • 薬膳デザート 
  • 菊花茶他

特に薬膳スープと飲茶風蒸し物や、香港で食べた味を思い出しました。これが自宅で再現出来るなんて、海外旅行に行けない今とっても嬉しいしありがたいです。

いつも驚くのですが、こんな使い方をするなんて!という食材の使い方を教えて下さるのも、こちらの薬膳教室。レパートリーが広がるだけでなく、料理に対する懐が深くなる気がします。料理好きでいろんな料理教室に通いましたが、こちらの料理教室は毎回目からうろこで、参加できて本当に幸せだなぁ、と思います。

潤い薬膳

9/7は二十四節気の白露、9/22は秋分です。

この時期のポイントは、ずばり乾燥対策!これからどんどん空気は乾燥していきますが、夏から秋への季節の変わり目ということもあり、体調を崩しやすい時期です。この乾燥はじめが堪えるのが原因のようです。

となると、食べるものも潤い(良い言葉ですねー!)を増してくれる働きのある食べ物を食べることが大切。

ただ、初秋はまだ残暑が残る時期ですから、夏の食材も上手に取り入れながら、徐々に変えていくのがポイントとのこと。

特に、梅雨が長く雨が多かった今年の夏は、いきなり秋の薬膳にするのは良くないとのこと。うーん、奥が深いです。

初秋の薬膳 まとめ

  • 金行へと変わり、肺、大腸、鼻、皮膚への影響が大きい季節となる。
  • 嬌臓の臓器なので、外界の影響を敏感に&ダイレクトに受けてしまう。
  • 季節の変わり目なので、気血の消耗が激しい=補血、補気を心がける
  • 粘りのある食べ物=潤い補充 を積極的に摂る。辛みのあるもの(玉ねぎ、にんにく、唐辛子、ネギなど)は、潤いを奪うので気を付ける。
  • 秋は白い食べ物を取るのが良い。

今、産直売り場に行くとちょうど出回っている食材は、まさに初秋の薬膳にぴったりの食材ばかり。旬のものをいただくことで健康になれるという自然の摂理には、驚くばかりです。

今回の調理では、懐かしい香港の味を再現することが出来、とっても懐かしく嬉しかったです。

飲茶風蒸し物を蒸す前。味付けと出来上がりがまさに香港のソレそのもの!

香港に行く度に必ず行っていた飲茶屋さん。何軒かあるのですが、どこでも必ず食べたあの味。まさか再現出来るなんて!!しかも、混ぜて蒸すだけで超簡単!せいろで作って「おうち飲茶」をしたくなりました。

今回は、これから仕込むと良いよ、という薬酒のご案内もあり、何でも試したい私は母と自分の分とお願いしました。

立春までに飲み終えると良いそうで、来年の私は今より若々しいかも(笑)??

ということで、秋の薬膳教室のお話でした。

Please Share
Share

9/28 別府 あなたの魅力アップカラー診断会@ゑり章さん

誕生日から紐解かれる「あなたの魅力(美力)を開花させアップさせてくれる色」。一生変わらないあなただけのラッキーカラーです。その色、今まで知らなかった自分の魅力や強み、本当の自分の個性が分かります。オンラインと、リアル対面は別府のきものカフェゑり章さんにて開催いたします。