管理栄養士 衞藤敬子さんの「栄養診断」受けてきました 大分華女会マルシェ開催報告

食事には自信があった私ですが・・・

さて、4月24日の大分華女会マルシェには、管理栄養士の衞藤敬子さんの栄養相談ブースが登場しました。

 食事に関しては、自信があった私。
だって、いろいろ学んできてるし、身体も維持出来てるし。でも、今後の事を考えると、これでいいかちょっと不安。。。ということで、お願いすることにしました。

ちなみに敬子さんは、大分でもおいしい野菜の産地として有名な、豊後大野市からいらっしゃいました。マルシェにはその豊後大野からもチームで参加してくださり、女性のキレイをテーマに、身体に良い美味しいものの販売してくれました。


じゃーん!豊後大野チームです!
DAENさん(八百屋さんの田尻さん)稲垣さん
ユキさんの手ごねぱん
村ネットワークさんの野菜パウダーvegimari

 

 

これじゃだめですよ!亜希子さん!

ががーーーーーん!!!!来ましたよ~~ダメ出しが(笑)

いやいや敬子さんは優しいので、そんなことはいいません。これは私の独り言です(笑)

最初によくある項目チェックをしたんですが、「当てはまるのもあまりないし、優秀じゃん私!あったり前だよね」~と余裕でいました。身長172センチで体重は55キロ(最近太りました(笑))なので、BMIは18。体脂肪率は20~21。この数字なら良いに決まっているし、(ちなみに、痩せすぎタイプでした)食事内容だって、野菜中心でお菓子もほとんど食べないし。「これでどこか悪いっていうもんなら言ってみなさいよ!」(程じゃないにせよ)それほど自信があったんです。

が、しかし、玉砕しました・・・・・・・・・
(自信があっただけに、がっかり感もさらにいっそう募る・・・・)

 

野菜だけじゃダメ。たんぱく質を取らないと!

「たんぱく質が少ないですね。将来的に骨粗しょう症のリスクが高まりますよ。」

「え???骨粗しょう症?私牛乳大好きだし、ありえない」と思ったんですが、加齢により女性はどうしてもこの可能性が高くなるそうです。そして、私の食事内容を考えると、この可能性は避けては通れないとか。

「え~~~~~!!そんなバカな!」というのが、率直な感想。骨密度は高いって言われたことあるし、ここは自信あったんだけどなぁ・・・

つまりは、牛乳とか、カルシウムとかの問題じゃなく、そもそもたんぱく質が足りない。んだそうです。臓器は筋肉だし、身体を作っているのはたんぱく質だから必須の栄養素であるし、これを摂取していないといろんな弊害が出るとか。

確かに野菜中心で、ベジタリアンとまでは言わないものの、ほぼ野菜料理の我が家。何年か前にはベジタリアンを実践してましたので、お出汁も植物性にし、結構真面目にやっていました。その時はそれで調子良かったんですけど、その後「大人からベジタリアンに転向するのはマズイ」と気が付くきっかけがあり、ベジタリアンを卒業しました。とはいえ、お肉いっぱい食べることなんてほとんどなく、焼き肉なんてありえない!そんな生活をしていました。野菜をいっぱい食べていればいいんだ!と思い込んでいました。

たんぱく質は、動物性のものをあまりとりたくないため、お豆腐とか大豆製品がメイン。それと鶏のムネ肉。だってアスリートは胸肉とササミっていうじゃないですか?それに、皮の部分は脂肪分なので出来るだけ取りたくない。

アスリートの栄養指導をしている敬子さん曰く、「それ、やりすぎなんですよね・・。」とか。鶏肉はほぼ、たんぱく質しかない。それ以外の栄養が取れない。でも豚肉だとビタミンBとか、牛肉だと鉄分とかそれ以外のものも取れる。だから、加齢に打ち勝つ身体を作っていくためには、鶏肉一辺倒の食事ばかりではダメだと。

しかもしかも、お豆腐食べていたら植物性蛋白質は取れているから大丈夫!と思っていた私。いや、いろんな健康雑誌や書籍読んでいたんですよ。でも、どこにも弊害とかリスクとかネガティブな内容はありませんでした。(覚えてないだけ??)

その吸収率。植物性たんぱく質は、動物性たんぱく質に比べて4割以下だそうです。そして、150gのお豆腐を食べても、摂取できるたんぱく質はたった8g!!嘘みたいな本当の話。お豆腐や大豆製品大好きな私としては、めっちゃショックでした・・・・・

貧血のリスクも高いですよね~

そして、驚くべき事実が!!!
野菜中心でも、鉄分ってとれてると思ってました。小松菜も結構使ってますし、ひじきも。そうしたら、「ひじきに鉄分が多いっていうのは、鉄鍋を使っていたからで、そうじゃないとそれほどでもないんですよね。」と。
あ~~、そういえばそれ、聞いた事ある気がする。
「鉄分も野菜よりも動物性の方が吸収率がいいんです。効率良く摂取するには、レバーや砂肝、牛肉なんかがいいですね。」

レバーか・・・・(ちょっと苦手)でも食べるしかない!調理方法を工夫しよう!!と思いました。

いやはや、受けてみるもんですね。全く間違ってましたし、超自己流で満足していました。このタイミングで受けられたのも、今受けないとこれから大変よ、っていう天からのメッセージに違いない!。今回診断を受けてみて、意識が変わりましたよ。思い立ったら吉日の私(マルシェ終了の当日はヘロヘロに疲れ切っていて何も出来なかったので)翌日には野菜直売所をネット検索して、新鮮な野菜を。そして食べた方がいいというレバーや砂肝も購入しました。血が足りないそうですから。鉄分補給が大事!

冷えとか血行不良とかいう前に、その血が足りないんだったら、前代未聞ですよね。全然気が付きませんでした。血液なんて、誰でも潤沢に流れているものだと思ってましたが、血液の元になるものを摂取していなければ、血が増えるわけない。だから、献血断れるのね。アホじゃないの?私?と思いました(苦笑)

 

人間は食べたもので出来ている、を実感。

imageそうして作ったお料理がこちら~頑張りましたよ!
大根と豚肉と昆布の煮物。みそだれで。

imageごはんはいつも玄米です。
菜の花のお浸し。若竹煮。ゴボウと砂肝のきんぴら。さやえんどうの卵とじ。買ったばかりのDAENさんの人参ドレッシングを使いたくてグリーンサラダ。お味噌汁は、お豆腐と菜の花。お出しは昆布とイリコと干しシイタケです。

image(ちょっと写真の色が良くないのですけど、)
レバーをクミンシードとカルダモンでスパイシーに蒸し焼きにしました。
これが臭みを消してくれて、我ながら上手く出来た!とご満悦。あ、ショウガも入れました。

すご~~く料理したい熱が盛り上がり、これ以外にもいくつか使っちゃったんですよね。さすがに二人では食べきれず、翌日の朝も昼も夜もこれになりそう(笑)

食べたもので私たちは出来ています。命を頂くことに感謝しながら健康な体作りに繋がる食事をしなくては!と痛感しました。これもそれも、敬子さんの栄養相談を受けたからこそ。ありがたやありがたや

敬子さん、ホルトホールでダイエットセミナーを開催されます!実は彼女は、トップアスリートの食事指導を行ったり、全国的に有名なヨガのサイトにコラムを書いていたりと大分にこんな人が!!というすごい人なんです。去年東京からご実家の大分に戻られて、拠点を大分と東京にされました。だからこそ、大分の方、ラッキーですよ!彼女のお話がきけますし、栄養相談もして下さいます。

なんといっても美人ちゃんで、私にとってはかわいい妹みたいな方です。薄着になる前にお話聞いておくと、今年の夏は一味違う夏になるかも???

最近忙しくてどんどんお料理しなくなってましたから、いやはや自分と家族の健康のためにも、お料理頑張らねば!と、意識を新たにしたのでした。ということで、華女会マルシェでの私のお客さん体験(笑)栄養相談受けてきました。でした。

Please Share
Share

大分開催!あなたの美人色が見つかる素敵お茶会

10月の大分開催決定しました。本当の自分と出会いたいあなた、気になっていたあなた、この機会にぜひ💛