GW前半は、大分の高原リゾート久住でリラックス Vol.1

2019のGWは大分を楽しむ!まずは、長湯温泉へ行く 

GWは、大分を愉しもう!!と、前半は山エリア、後半は海エリアで予定を組みました。ということで、前半は熊本との県境に広がる久住へ行ってきました。

今年のGWは10連休で長かったですよね。今までなら絶対海外!だったんですけど、ウチのおネコさま、16歳のおばあちゃんなんです。ちょっと前までは、お留守番で旅行に行っていても結構大丈夫だったんですけど、さすがに高齢なので長期旅行へ行けなくなっちゃいました。

というわけで、せっかくなら大分を愉しもう!と、海と山両方楽しむことにしたんです。

大分の高原といえば、久住高原が一番好き

何故かというと、北海道みたいなんですよね、ココ!空気も冷涼で割とカラッとしている(ような気がする)し、何と言っても景色が北海道みたい!広々としていて草原が広がってたりするんです。馬や牛もいる牧場もありますしね。なので、今回もこのあたりで探しました。

最近ハマっているのが エアビ。Air B&B です。つまりは民泊サイトなんですが、お客さんの対象はほぼ外国人。なので、英語や中国語の説明が多いです。日本語じゃないので読みにくいのは読みにくいのですが、面白い宿泊施設が多いんですよね。つまり、あまり普通に無いような個性的なところが多く、なかなか面白い!そして、リーズナブル。GWの期間なんて、めっちゃ高いじゃないですか?でもなかなかいい感じのところ、見つけちゃいました。

まずは、長湯温泉の「め組茶屋」でひとやすみ

まぁ、宿泊施設については後ほど。

午前中仕事をして、午後出発しました。大分県内ですからね、移動が1,2時間あればついちゃう!移動時間が長いのが苦手な私としては、とっても気が楽。

まず向かったのは、まずは長湯温泉。炭酸の温泉として有名ですよね。なかでも、夫が最近見つけてきたのは、め組茶屋さんという温泉。「ここはなかなかいいよ。」との言葉に期待大!
こちらの方のブログがとても詳しいので、リンク貼っておきますね。め組茶屋ソーダの湯

何を隠そう、おんせん県に居ながら私はおんせんが苦手。込み合っている脱衣場にお風呂、どうもダメなんですよね。なので、温泉って言われると、うーん…行かない。ということが多いんですが、「ここは穴場だよ。」と言われ、じゃあ行ってみるか、と連れて行ってもらいました。

温泉の外には、水汲み場がありました。コンコンと湧き出る炭酸泉。冷泉です。ひしゃくも置いてあり、ちょっと飲んでみましたが、とっても細かい泡の微炭酸。おいしかったです。

いよいよ温泉へ行きますよん♪

GW初日なのに貸し切り状態

女湯の扉をガラガラっと開けてみると・・・・なんと!貸し切り状態!GWというのに、すごくないですか??これが関東や札幌近郊だと、渋滞に次ぐ渋滞で、到着しても駐車場待ちの長蛇の列が関の山。大分って、これだから好き♥

「これなら心置きなく入れるわ~」とご満悦な私。「まずは温泉を覗いてみよう」とお風呂の扉を開けると、なんとなんと!屋根があるorなしで分かれているだけで、つまり全部露天風呂!!「こりゃ、冬は寒いよね~」これが私の第一印象(笑)

お天気は快晴。壁無しなので、なんていうんだろう?目隠しの柵からは、新緑と青空が広がり解放感はこの上なく、気持ちいい環境。しかもお湯はぬるめ。熱いお湯は苦手なので、これまたご満悦ポイントパート2。シュワシュワ感はそこまで?でも、ほんのりシュワシュワな感じが気持ちよい。

右端のポンプからお湯がドボドボ注ぎ込まれています。途中、ゴボッ・・・・・ボッ・・・ゴッ・・・・ボソボソッ・・・・・ポチョンポチョン ってな感じで、放出が止まりますが・・・

貸し切りなので、やりたい放題で、動画とっちゃいました。インスタにアップしてますので、どうぞご覧くださいね。こちらのホームページにも表示されているのと違うアカウントの方で、大分(非公式)観光大使と名乗って大分の素敵!を発信しているアカウントの方です。こちらの方も良かったらぜひフォローしてくださいね♡

温泉でのんびりした後は、いよいよ久住へ向かいます。といっても、すぐ近くなのがうれしい♥大分最高!

次回へ続く→2019GW前半は大分の高原リゾートVol、2

 

 

 

Please Share
Share

2019 4,5,6,7月のキレイデザイン学アドバイザー講座、インストラクター講座@大分

色のチカラと魅力を学び、人生をもっとキレイにカラフルにしていける素敵なキレイデザイン。あなたも私たちと一緒に、たくさんの方の人生を素敵にするお手伝いをしませんか?