2020年8月 北海道旅行記 2 足寄町満喫!

間がかなり空いてしまいましたが、8月の北海道旅行記の続きです。前回の記事はこちら北海道旅行記1

足寄(あしょろ)町へ行く

画像45

こんな感じで同じキレイデザインのマスターインストラクターのアイリ先生との話が盛り上がり過ぎて、時間ギリギリ。下道だとどのくらい?とナビで見てみると、いやはやこれは無理だー!ということで、高速に乗りひたすら道警に会わないことだけを祈りつつアクセルを踏む。

今回レンタカーで借りた車は、スズキのXBEE。

かわいいデザインで空間も広くていいんじゃない?と思ったんですが、100キロだすと車が揺れる・・・・普段乗っているミニのクロスオーバーは160キロ行っちゃっても安定しているので、車によって違うんだね~と改めて感じたのも良い経験?

足寄町の街中に来てみての第一印象が、いわゆる北海道の地方都市だよね~ということ。碁盤の目っぽくなっていて、分かりやすい道。道が広くて高い建物があまりないので、空がとても広い。

今回お世話になるのは、移住体験施設のゲストハウス。ということで、お土産に「とおりもん」を持参し、挨拶もそこそこにその足で足寄観光がスタート!

街を案内していただく

足寄町は、以前も3回くらい来たことがある町ですが、住むという観点で見たことはなく、それで案内していただくと、驚きの発見がいくつも!

画像17

暑かったので特産のイチゴを凍らせてかき氷にしたイチゴ氷をいただきました。めちゃめちゃ贅沢だよね~、これって。と思いながら写真を撮る私。

以前は、オンネトーというとてもきれいな湖とか、その近くの野中温泉とか、有名なラワンフキとか、いわゆる観光コースだけ回っていたので、こういうのがあったんだ、こういうのいいよね、と目新しくて興味深い。

画像20

移住体験なので、いざ住んだらどうなのか?の観点で公共施設、病院、スーパー、銀行などの生活インフラから、地域の環境など、観光では全く見ないところばかり。

町内はかなり広くて、イギリスのコッツウォルズにありそうなお家が湖沿いに建っていたり、

限りなく広い牧草地に羊がいたり、イギリス?な雰囲気もあれば、

道沿いにテントを立ててちょうどシーズンのとうきびを売っている農家さんたちがいて、北海道だなぁ、という雰囲気もあれば、

画像22

やっぱり松山千春さんの故郷だけあって、あちこち千春だらけ!だったり、となんだかおもしろい。

若い世代の移住者さんも多くて、活気あふれる移住に力を入れている町、な印象。

夜は移住者の方の歓迎会になぜか私も参加させていただき、そのパワーに驚くほど。いやはや皆さん元気いっぱいで楽しそう。こういう雰囲気いいなぁ~と思ったのでした。

ウォーキングレッスンを北海道初開催させていただく!

「せっかくいらっしゃるんだから、ぜひウォーキングレッスンやってください!」とお声がけいただき、翌日レッスンをやらせてもらいました。

画像53

30代から40代の女性の方が参加してくださり、和気あいあいととても楽しいレッスンとなりました。北海道とはいえ、滞在中はかなり暑くて30度くらいある中のレッスンだったので、汗もしっかりかいていい運動になりましたね。

その後みなさんのお手製のケーキとクッキー!!でお茶タイム。

プロ級にお上手なんですよ~さすがお菓子の町帯広近郊の町!(と一人で感激・・・)

その間に、キレイデザイン学の診断なんかもちらっとやったりしっつ、おしゃべりに花が咲きました。

もう書ききれないほどすごく楽しくてあっという間の二日間でして、怒涛の如く過ぎていきました。寒暖差もあり、ちょっと疲れが出てきたところだったので、いつものパワーがそこまで発揮できず、行きたかったところ全部に行けなかったのが残念なところ。次回に期待したいところですね!

移住のサポートをされている、ご本人も関東から移住されたという儀間さん。最後の日のツーショットの写真は良い記念になりました。

儀間さんは移住されてハンターになられたご主人とご一緒にゲストハウスも経営されてます。そちらに滞在させていただいたのですが、そちらも含めてそれ以外にも様々と大変お世話になりました。また、vividの皆様にも大変お世話になりました。とても楽しい時間を過ごすことができました。どうもありがとうございました。

画像55

この後、放牧酪農で有名な、ありがとう牧場さんへお邪魔しました。曇りだったので、ちょっとくらい写真になってしまいましたが・・・

画像57

いただいた牛乳もヨーグルトも、普段いただいているものとは同じものとは思えないくらいピュアな味わい。放牧酪農についてはほとんど知りませんでしたが、素敵な酪農スタイルだなぁ、と思いました。

牧場主のご夫婦もとても素敵な方で、、、また遊びにお邪魔したいな~と思いました。

さぁ、道東へ向かいます!

一大イベントの足寄町での移住体験を終え、次なる目的地は、道東は弟子屈(てしかが)と標茶(しべちゃ)です。次のお宿は、標茶にあるとほ宿木理(もくり)さん。目的は、釧路川でのカヌー!!!

むかーし屈斜路湖からカヌーで川下りっていうのをやったことがあり、またぜひやりたいな~とずっと思っていたんですよね。苦節〇年?やっとその時が参りましたーパチパチパチー!!

そして、屈斜路湖とか森の中で涼しくのんびり森林浴したい!読書したい!というのも、当初の目的。さぁ、いざんいかん道東へ!!

足寄町からは、阿寒湖の方へ行きぬけるとよいとのことで、トウモロコシ農家の方にアドバイスをいただき、途中のおやつ用にトウモロコシも購入し、まずは目指すはオンネトー。

の、前に、面白いおうどんやさんへ寄りました。

画像32

もともとあった鉄道の駅舎をうどん屋さんにしていらっしゃるお店で、ちょっと興味があり寄ってみました。

駅舎の写真、撮ったはずなんだけどなぁ、見当たらないので、おうどんの写真を。かなり太めのおうどんで、おいしかったです。まぁ、ここでのやり取りもいろいろあってそれはもう面白かったんですよね。

お店のオーナーさんが、「線路があったところ、車で走れるから走ってみなよ!!」と教えてくれて、「え~~~それって本当ですか?からかってませんか?」とやり取り。

画像27

実は本当に走れるそうで、こわごわ走ってみました。証拠写真はこれ!

オーナーさんもお店から出てきてくれて、ホームで手を振ってくれて、なんだか感激の「さようなら足寄町」になりました。

写真がいっぱいあるんですけど、もう載せきれないのが残念!

オンネトーで心の安らぎタイムを

その後は、お約束のオンネトーへ寄りました。どんどん近づいていくにつれて、テンションが上がります。

画像33
オンネトーへ行く途中。雄阿寒岳?雌阿寒岳?がキレイでした。

荘厳といわずして何と言おう?とにかく美しいんですよね。静寂の中に色と音が溶けている感じ。神聖な気持ちになるというか・・・

画像59
オンネトーから望む雄阿寒と雌阿寒。

オンネトーも見たし、さぁ目指すは阿寒、摩周、屈斜路湖!と、元気に出発するも・・・・ガソリンがなくなってくるという非常事態に突入するのでした・・・

つづく

Please Share
Share

美脚ウォーキング体験レッスンのメリットについて