カレーパラダイス別府! 子なし転妻のあちこち転勤生活 大分を楽しむ2021 2 別府編

別府と言えば?

やっぱり温泉??

画像6

それが私的に言うと、別府と言えば、カレーなんです!!

温泉ももちろんですが、実は別府はカレー・エスニックの激戦区。APUという立命館アジア太平洋大学という大学があり、アジア地域全般からの留学生の方が多く国際色豊かなのも理由の一つかと思いますが、とにかくカレー、エスニックなど各国料理のおいしいお店が多いんです。

これは大分に来て住むまで知らなかったことでした。別府と言えば、かつて流行った温泉街だと思ってましたから・・・

ということで、カレーやエスニック料理好きな私としては、パラダイス別府!なんです。

超本格的!北インドのターリー スパイス料理Norary~Craryさん

転勤無しと決まったので、まずは行こうと決めたのは、スパイス料理Norary~Craryさん。本格的なターリーを提供してくださるすごい方です!

趣味が高じてカレーを作っていらっしゃるというNorary~Craryさんのカレーは、基本的に北インドカレー。こってり濃い系のお味です。

夫曰く「あれは男のカレーだよね」という通り、量もたくさんですし味付けもしっかり。お腹空かしていかないと完食できませんが、お味はとても本格的。まさか大分で別府で、しかも日本人の方が作るこんな本格的ターリーがいただけるなんて!と超感激している私です。

場所は、竹瓦温泉真ん前のカフェで水曜以外の毎日。要予約です!

まずは全景から。もう、インド宮廷料理と言ってよいのでは??というすごいのが登場しました。

画像5

手前から、カシミール。黒っぽい色してますね。チキンティッカとジャガイモ入りとのこと。一番辛かったです。

画像7

その上は、ムルグティッカマサラ。トマトの酸味が効いているチキンのカレー。そして、マトンキーマ。カシューナッツ入りで辛味抑え目。女性が好きそうな味です。

↑の写真に写り切らなかったので、反対側から。一番下の紫玉ねぎスライスが載っているのが、シャヒダール。定番の豆カレーですね。野菜多めで一番あっさり。食べやすいお味でした。

画像8

そして、サフランライスパパドチャパティアチャール(インド風漬物)にダヒ(ヨーグルト)。

詳しくお聞きしなかったんですが、アチャールはセロリが効いてました。

超お腹いっぱいの大満足でした。

パステルブルーの温泉 明礬(みょうばん)温泉

お腹いっぱいの後、ちょっと休憩して向かった先は、明礬温泉。別府の山の方にあります。泥の温泉が有名ですよね。

画像2

今回行ったのは、泥湯ではなくパステルブルーのお湯が美しい硫黄泉。硫黄泉のにおいが苦手でついつい敬遠していましたが、この色を見ちゃうとそんな事どうでも良くなりますね!

立ち寄り湯は500円。そして、週末なのにこのガラガラ感。こんな素晴らし温泉をほぼ独り占め出来ちゃうなんて、贅沢ったらありゃしません。

脱衣場からの一枚。雰囲気ありますよね~

内湯はちょっと熱めでしたが、露天は程よくぬるくなってました。

画像3

この木の向こう側には小川が流れ、せせらぎの音と春の小鳥の鳴き声を聞きながらの露天風呂。空を見上げると、木立が揺れ鳥が飛んでいく姿が。春へと向かっているのを芽吹く緑に感じ、自然と一体になったような錯覚へと陥ります。

熱いお湯がとにかく苦手なので別府は苦手。ほとんど来たことがなかったのですが、これを機会に温泉名人目指す?と思っちゃいました。果たして1年で取れるものかしら?

明礬温泉

露天風呂から内風呂を望む。乳青色に映る黄色い灯りが、またいい雰囲気を醸し出していました。

温泉から上がりお水を飲んで30分ほどしたら、またジワ~と温かくなってきました。深部体温を上げてくれる温泉は、自己免疫力を上げてくれる素晴らしい自然からの贈り物です。

消毒やらワクチンやら検査やらでいろいろと言われていますが、何よりも大切なのは自然治癒力を高めること。自分の身体に合わないものは拒否排出してくれる、どんな薬や治療にも出来ないオーダーメイドのことをしてくれる。

人体は小宇宙とも言われているくらい、素晴らしい構造とはたらきをしてくれる存在です。

何かを摂取、接種するという外に解決を求める考えではでなく、自分の身体の力を信じてあげたいな、と改めて思ったのでした。

編集後記

もし転勤が決まっていたら、金曜日のうちに1、飛行機や新幹線を予約し、2、それと同時並行で物件を検索し不動産屋さんにアポを入れ、3、さらにホテルの予約。ここまでやっておかないといけませんでした。

さらに、土曜日の早朝には移動。昼頃までには不動産屋さんに到着し、あらかじめ頼んで見繕っておいていただいた物件の詳細を書面でまず見せてもらい、その後土曜日中に見られるだけ物件を見せてもらう。いいのがなければ日曜日にも。引っ越し先の住所が確定しなければ引っ越しの見積もりも取れませんから、この時にとにかく決めてしまう。

これが本当にヘロヘロになります。甲乙つけがたいので迷いますし、その迷っている間にどんどん決まっていってしまうので気持ちも焦る。そんな中、頼りになるのは直感。

そしてこれにする!と決まれば、その物件で大丈夫か週明けに会社に確認することにして、仮押さえ状態で帰宅。月曜日に会社からのOKが出たら、4、引っ越し会社さん2,3社に見積もり出してもらい、5、引っ越し会社確定。

6、荷だしと荷入れのスケジュールが決まり、7、車の移動の手配をし、8、ダンボールなどの梱包材を持ってきてもらい、いざ梱包開始!

9、転出届の準備、各種引っ越し手続き、契約終了のお願いと移転届を出すものリストアップに10、その作業と、なる予定でした。

これが全部なしになったので、気楽といったらもう!ということで、さっそく別府へ遊びに行ったのでした。なしと言っても来年への先送りなので、今のうちに1年かけて荷物を整理し減らしていこうとは思っています。

段々スリム化してきていますが、3年住むうちに荷物が増えるのが通常。けれど、本当に必要なものはトランク一つに収まるって言いますからね。目指せ身も心もモノもシンプルな暮らし!

あと一年と期限もついたところで、転妻目線の大分暮らし記事も、より力を入れてアップしていきたいと思います。良かったらお付き合いくださいませ♡

Please Share
Share

8/30 別府 あなたの魅力アップカラー診断会@ゑり章さん

誕生日から紐解かれる「あなたの魅力(美力)を開花させアップさせてくれる色」。その色から自分の魅力や強み、本当の自分の個性が分かります。オンラインと、リアル対面は別府のきものカフェゑり章さんにて開催いたします。