北海道でウォーキング体験会を

こんにちは。大分のウォーキングスクールAtrucco、キレイデザイン学マスターインストラクターの真田亜希子です。

「歩くことからもっとキレイに健康に」「いくつになっても自分の脚で」をキーワードに、姿勢・ウォーキングレッスンを。

また「色彩心理学と心を見つめる心理学」で、自分らしく生きられるようになる」各種診断や講座を開催しています。

~前回までの記事はこちら~
1.北海道&福岡,熊本出張プラス小国旅行
2.福岡の自律矯正歩行協会で未来を計画する
3.晩秋の北海道

北海道でレッスンを!という夢が一つかないました。

初めは神奈川、東京を中心に。そして3年前に大分に引っ越してから、大分を中心に開催しておりますウォーキングスクールAtruccoのウォーキングレッスン。とうとう北海道へ初上陸しちゃいました~!パチパチパチ~。大好きな北海道で開催させていただけるなんて、感激感無量でした。

そもそも私がウォーキングの講師になろう!と思った理由の一つに、移住体験で見たおばあちゃんたちの姿というのがあります。
その時の記事はこちらから→私がウォーキング(歩くこと)にこだわる理由2

ですから、北海道の方々の健康のお手伝いをすることは、当初からの目標の一つでした。今では北海道に限らず車社会である地域の方々へのお手伝いをすることが目標の一つになっています。それは、これから記事にしますが、熊本でのウォーキング体験会での出来事との出会いがあったからです。

いくつになってもキレイでいよう!

今回は、初めてということもあり、「キレイになるための基本としての歩き方改善」を切り口としたウォーキング体験会でしたので、参加してくださったのも30代の女性の方々がメインでした。

以前、神奈川県の小学校のPTAのママさんを対象に1Dayレッスンをやらせていただきましたが、その時も小学校低学年のお子さんを持つママさんたち問うことで、30代のママさんが参加してくださいました。

画像90

その時も思ったのですが、お若くなるほど体幹の弱い方が増える気がします。私の世代(アラフィフ)は、30代のママさんたちが子供のころやお若い時代よりもエスカレーターもエレベーターも少なくて、歩かないといけない状況が多かったからかな?とも思います。

同様に50代60代さらにその上の方のレッスンだと、若いころや現役時代に身体を使っていた方ほど体幹がしっかりしていらっしゃいます。生まれてから何年という実際年齢と、からだ年齢、筋肉や骨の年齢は違うのが現実だと感じています。

レッスン会場は個人宅の和室

今回の会場は、個人のお宅の和室をお借りしました。ふすまを開けたらかなり広くなりましたが、実際に使用したのは窓側の部屋だけでした。

画像52

ウォーキングレッスンというと、鏡張りの広いフローリングじゃないとダメかしら?と思う方も多いのですが、普通の和室でも十分可能です。

そして5人くらいまででしたら6畳から9畳くらいの和室で十分行えます。なぜなら、距離を歩くウォーキングではなく、正しい歩き方のフォームをお教えするレッスンだからです。

鏡があった方が、ご自分の姿勢やフォームの改善点を目で見て分かりやすいのでオススメはお勧めですが、実際に身体を触らせていただき、

「こういう風にここに力を入れます」と身体で覚えてもらうようなご指導もしておりますので、無くてもレッスンは可能なんですね。(10人以内の場合です。)

参加者さんのビフォア&アフター

写真を撮らせていただいた方々の改善例です。

歩き方は千差万別。一人一人違います。足の裏の設置の仕方、足の使い方、身体の筋肉の入れ方、首の傾き、頭の位置などなど同じ人はいません。今回ご紹介の写真の方々も皆さん違います。

では、お一人ずつ見ていきましょうか。茶色の♡のスタンプの方がビフォア、黄色い方がアフターです。

お一人目の目立つ改善点 3つ

画像93
  1. 歩幅が広すぎていたため、体重移動がスマートではない。
  2. 首が前に出ていて背中が猫背気味なため、プラス10歳に見えてしまう。
  3. 前太もも主体の脚の運び方なので、前太ももが逞しくなってしまう。

とてもおしゃれで素敵な方だったので、プラス10歳はもったいないなぁ、というのが第一印象でした。

猫背はどうしても老けて見えてしまう大きな原因の一つになってしまいます。

また、動きにダイナミックさがあり、それがエレガントに見せるのを妨げていました。

ご本人も、ご主人様が経営者さまとのことで、そう言った場に出ることが多く、人からどう見られているかという外見的なものを気にされていました。

アフターです。

ご覧いただくと、違いをお分かりいただけると思いますが、

  1. ダイナミックさやガサツさがなくなり、
  2. エレガントさが出てきましたね。
  3. また、脚の動かし方も変わったため、ヒップアップして見えてきました。
  4. 首の角度と頭の出し方も改善したので、猫背感がなくなり、マイナス10歳になりましたね。

お二人目の目立つ改善点 3つ

画像94
  1. お一人目と同じく前太ももメインで歩いているため、前太ももの張りが気になる
  2. 動作一つ一つの動きが速く、エレガントさがもう少し欲しいところ
  3. 一言でいうと、男子体育会系部活の部員に見えてしまうような男っぷりの良さが目立つ

とってもキュートでかわいらしい方なんです。だからこそ、歩き方とのギャップがもったいないなぁ、というのが第一印象。

アクティブに見えるのが良いですし、男性的なのも否定しません。それはそれでかっこいいと思う部分もあります。

けれど、ご本人も「キレイに美しく美脚になって歩きたい!」とおっしゃってましたので、上記あたりはどちらかというとマイナスポイントになっちゃうんですよね。

ではアフターです。
  1. スマート感が出てきました。
  2. 前太ももメインの歩き方から、脚全体を使う歩き方へとシフトしたためヒップアップしました。
  3. 同様に体幹を意識して歩くことよりバストアップも見られます。
  4. 頭のてっぺんから足の裏まで一本の糸で釣られたように軸が入り、とても美しくなりました。

背中の反り具合が気になりましたので、そこに注意して歩くはもちろん日々過ごすとよいですよ、とお伝えしました。

3人目の方の目立つ改善点 3つ

画像95
  1. 足の裏を使っていないので、年を重ねると割と若いうちから身体の痛みやコリが出る可能性が高い。
  2. 上のお二人よりも、前太ももだけで歩いている。
  3. 膝も足首など脚全体を使っていないため、筋肉よりも骨に頼った歩き方をしている。お年寄り特有の歩き方に似ていて元気がなく見えてしまいプラス10歳に見られてしまう。

可愛いちっちゃなお嬢さんと一緒に参加してくださいました。

とってもかわいらしくて家庭的な奥様でしたので、老けて疲れて見えちゃうのは本当にもったいないなぁ、と思いました。

第一印象はぱっと見で決まっちゃいます。歩き方や姿勢で損をしている方、本当に多いんですよね。もちろん、プロポーションも老けて見えてしまいます。もう少し元気よく若々しく見えるように歩く、をイメージしてご指導しました。

アフターです。
  1. はつらつと若々しく見えるようになりました。
  2. もたついている感がなくなり、すっきりスマートに見えるようになりました。
  3. 脚全体の筋肉と足の裏を使えているため、運動効果、カロリー消費量が上がる歩き方へと変わりました。
  4. 猫背気味でお年寄りっぽく見えていたのが、スマートな外見へと変わりました。

3人並ぶと、モデルさんのウォーキングレッスンみたいですね。3人とも最初とは違って「体幹を意識して歩く歩き方」になりました。

画像92

ただ、一度のレッスンでは決して完全な改善にはなりません。一晩寝たらほぼ皆さん戻ってしまいます。定期的に気づき→改善→手放しを繰り返していくことで、身体に定着させていきます。身体が覚えたら一生モノの知識とスキルになりますが、それまではちょっと時間がかかります。

ゴルフもヨガもテニスも、なんでもそうですけど体験しただけでは身につきません。

歩くことは、今では覚えていない位幼い子供のころから自然と出来ているだけに、「一度正しい歩き方を試してみたらすぐ出来るようになる」と錯覚される方が多いです。

けれど、正しい歩き方もゴルフやヨガ、テニスなどのスポーツと同じです。ちゃんとしたフォームを身に着ける必要があるんですね。

なぜなら、歩くことが人間にとって最も基本的な運動だからです。

ご参加の方のアンケート/ご感想

画像98

最後の記念撮影です。スタンプで分かりませんが、皆さんとっても良い笑顔でした。

画像91

これを一つのきっかけとして、北海道でウォーキングレッスンをする機会が増えていくといいなぁ、と思ったのでした。

何といっても日本一の車社会ですもんね!!

編集後記

そういえば今回のシリーズ記事では、編集後記書いてないなぁ、とふと気が付きました。

「15年前とはずいぶん違うなぁ」と思ったものの、やっぱり北海道は空の色の青さと広さが違います。「解放感いっぱいで気持ちいいなぁ」って思います。

大倉山のジャンプ台と、その周りの紅葉する山を遠くに見ながら、同じく自然豊かで美しい九州と比べて大きく違う北海道。何が違うんだろう?とずっと考えていました。

まず、家の形。北海道のお家には瓦はありません。そしてほぼ碁盤の目の街づくり。

そして、ごちゃごちゃ感が少ないこと。空が広いから?か、混んでいても渋滞していても、圧迫感がほかの地域ほどない。

生えている木々や咲いている花などにも違いがあるのも理由の一つ?九州だとあちこちのお庭で柑橘系の黄色い実が実っているのを目にするのですが、北海道にはないですもんね。果樹がなっているのを見たのは、ブドウ、サクランボ、リンゴだけかな?

どちらにせよ、北と南両方に住むことが出来た私は幸せ者です。

北海道発のウォーキングレッスンのスタートは、少人数レッスンでした。ですので、じっくりお一人ずつお話が出来ましたし、身体の歪みのビフォアアフターも行うことが出来ました。

上にも書いてますが、骨盤のゆがみ(傾き)、背骨の反り具合、首の骨の反り具合、筋肉や関節の使い方、足の裏の使い方や足首の使い方、各関節の使い方可動域など、身体の使い方とはいえ千差万別。

もちろん私にもクセがありますし、そのクセに悩まされてきました。

歩き方と日々の姿勢を見直すことで、それらが改善して行き、長年悩まされていた「お腹ポッコリ」「たれ尻」「バストダウン」(って言葉があるかどうかは知りませんが(笑))「膝関節や股関節の痛み」「捻挫癖」「冷え性」や「むくみ」「セルライト」「生理痛」などなどが以前よりも改善して行きました。

その実体験より、まずクセに気が付くこと。そして、それを適切な方法で手放していくことって大切だなぁと実感しています。ですので、それをお伝えしていきたいな、お伝えしていけたらいいな、と思っています。

ということで、初の北海道でのウォーキングレッスンのお話でした。

次回は、北海道での移住体験をさせてもらったお話です!空知(そらち)は三笠市にお邪魔しました。ではでは、次回をお楽しみに♪

Please Share
Share

美脚ウォーキング体験レッスンのメリットについて