引っ越し狂騒曲2022春3

前回の記事 引っ越し狂騒曲2022春2

軽ワゴンのエブリーは、お猫様専用カーとなり猫トイレと猫ベッド、ケージをセット。休憩の時にケージから出してごはんと水を摂取出来るようにし、トイレの砂もすぐ片づけられるようにゴミ袋なども用意。

部屋の鍵の受け渡しを不動産屋さんとした後、身の回りのものと自分で運びたいもの(楽器とか貴重品とか)とちゃおを乗せ、一路福岡へと九州道をひた走りました。

猫専用カーでの移動

軽ワゴンにはナビがついてないのでグーグルマップで検索。なんと、福岡までは高速で2時間ちょっと。すっごい近いですよね。「余裕じゃん!だったら、いっぱい休憩してのんびり行こう!」と気持ちに余裕が出てきました。

いやはや、軽ワゴンで高速って大変ですね。全然スピードでないし、かっ飛ばして福岡なんてすぐだ!と思っていたら、全然かっ飛ばせない。すぐ後ろが大渋滞を起こすので、ちょこちょこ路肩に寄せて先に行ってもらうを繰り返してましたし、猫のこともありSAに来るたびに休憩していたら、えらい時間がかかる移動となってしまいました。

SAにて休憩中

さらに、太宰府インターで間違って高速を降りてしまい下道で向かうことになってしまいました(;^_^Aお天気の良い日曜日だったのもあり大渋滞!!

あんな渋滞は大分では事故でもない限りないので、久しぶりの遭遇でした。

途中でまた都市高速に乗れば良かったんですが、福岡初めてなので良く分からない。ああいうのって間違った方向へ行ってしまったり、降りるところを間違えてしまうととんでもないことになるので怖いのですよ。

結局新居についたのは夕方。午前中に大分を出発したのに、13時には太宰府まで来ていたのに、福岡市に入ってからのほうが時間かかりました。都会の洗礼を初日に受けたのでした。

荷物だらけで寝るところがない

荷受けの終わった新居に来てみたら、予想以上に狭いし収納もない!

リビングの様子
リビング横の部屋の様子

頼みの綱のクローゼットも、予想していた広さの1/4!!都会のマンションの部屋ってこういうものだったというのを思い出しました。

その上、段ボールの山で寝るところない始末。しょうがないのでまた雑魚寝しました。今度は掛布団があっただけましというもの。これを片付けるのかぁ・・・・と暗~い気持ちになったのでした。

減らしてきたつもりが・・・

荷物を減らして引っ越したはずなのに、収納スペースに入りきらなかったり、照明を処分するのを忘れていたので、余ってしまっていたりと、こちらの収納に合わせてまた処分をしないといけないことになりました。

頑張って持ってきた本や荷物、洋服などなどもさらに処分。図書館で断捨離の本を借り、心と気持ちの整理をつけポイントを押さえたつもりで選別。

ごみの処分はについては、都会はかなりお金がかかってしまうので、上手な捨て方をしないといけません。それに、福岡市は燃えないゴミの日もペットボトルの日も月に一度しかないんですよね。その分リサイクルに出せる場所がいっぱいあるので、それを活用するように気持ちをシフトしていかないといけません。(福岡のゴミ出しについては、特殊で面白いので、また別記事にしたいと思います)

それでは最終章のその4に続きます。

Please Share
Share

新着20名限定 誕生日色診断オンライン特別キャンペーン